自動車査定は中古車として自動車を売却する際には必ず行わなくてはなりません。
自動車査定では基本的にそれぞれの自動車に対して、その査定を受けた段階でどれくらいの価値が残っているのかということがチェックされるわけですから、自動車は新しければ新しいほど、状態が良ければ状態が良いほど高い査定額を提示されることとなります。

 

とはいえ「新しいからどこでも高く買ってもらえる」というわけではないということには注意が必要です。
基本的に、こうした自動車査定の基準はそれぞれの店舗によって異なるのです。
特にそれが顕著にみられるのが「外車」や「改造車」といったような場合です。
外車や改造車という自動車は一般のユーザーには需要が低く、買い取った店舗としても在庫になりがちになります。
そのため一般的な店舗でそうした特殊な自動車を買い取ってもらおうとすると、取り扱いをしてもらえなかったり、非常に安い買取価格になってしまったりといったことがあり得るのです。

 

しかしそこで外車や改造車を取り扱っている店舗などに査定を依頼すると、しっかりとした査定額を提示してもらうことができるようになります。
またこうした特別なケースではない一般の自動車であっても、それぞれの店舗の在庫状況や、今後店舗が重点的に取り扱っていきたいカテゴリの問題などによって、価格には様々な差が出てくることになります。
中古車として自動車を売却するために自動車査定を受けるというような場合には、複数の店舗で査定を受けることによって「競合」を起こし、査定額のアップを狙うこともできますから、自動車査定を依頼する際にはなるべく多くの店舗に査定をしてもらうように心がけるとよいでしょう。"