中古車査定士は具体的に何をするのでしょう?

中古車査定士は、車の状況をチェックし、買取額を決めていく仕事を行っています。

 

車によって、カラーには違いがあるのですが、車のカラーによっても人気が出てきたりなかったりします。
中古車査定士は、人気のカラーについても確認していくことになるのです。
また、外装については、傷や汚れ、凹みが生じている場合もありますので、細かな傷がないか入念に確認作業を行っていくことになります。
中古車査定を申し込む方は、事前に車の状態について申告する必要があるのですが、中古車査定士は、実物をチェックすることで、申告されていなかった傷についてもチェックしていくことになるのです。

 

車は、外装だけではなく内装の状態によっても販売する時の額が違ってきます。
とくに、シートが汚れていたり、車内にタバコなどの特殊な臭いがついている場合、買い取っても販売する時の額も低くなってしまいますので、内装に問題がないか確認されることになります。
中古車査定時には、査定額が低くなってしまわないように、車の中でタバコを吸ったり食事を摂るのを控えておいたほうがよいでしょう。
中古査定士は、他にも走行距離を確認したり、エンジン回りについてもチェックも怠りません。
走行距離がそれほどない状態であれば、買い取った後も快適に車を運転していくことができますし、エンジンの状態に問題がなければトラブルも防止できるようになってくるのです。

 

中古車査定を依頼したときには、査定士によって細かな点まで確認させることになります。
申し込むときに、少しでも査定額をあげたいと思った場合、申告の際にごまかしてしまう方もいますが、査定士にかかればすべて見抜かれてしまいますので、正しい情報を伝えるようにしましょう。